「経済成長と女性の役割」

ジェンダーの平等に向けたG7の意義

4月 18 月曜

日付/時間

2016年4月18日

場所

ホテルニューオータニ 「麗」の間, 東京都千代田区紀尾井町4-1

種類

専門会議

International conference on the occasion of Japan's G7-Presidency.

他の言語 Deutsch, English

Agenda (subject to change)

2014年6月、ドイツは主要7カ国(G7)議長国を引き継ぎ、1年後の2015年に首脳会議を主催しました。この一連の流れで、アンゲラ・メルケル独首相はベルリンにおいて国際色豊かな「女性との対話のためのG7フォーラム」の議長を務め、ビジネス、科学、学術、そして市民社会を代表する女性たちと顔を合わせ、官民セクターにおける女性の役割の持続的強化の可能性について協議しました。


例えば、教育や専門能力の開発は、途上国における女性の経済参加に欠かせない要素として挙げられています。それでもドイツを含め、多くの先進国は、女性を指導的な地位に就けるという点で依然として遅れています。G7現議長国として、日本は今年5月にサミットを開催します。国際的に「ウーマノミクス」と称されている、ジェンダーの平等の向上をめざす政策を日本の安倍晋三首相が打ち出していることもあり、女性のエンパワーメントは再び重要項目になることが予想されます。


日本におけるG7会合を目前に控え、コンラート・アデナウアー財団(KAS)日本事務所はベルリン日独センター(JDZB)との協力のもと、女性による社会経済的・政治的参加のさらなる向上を目的とした対話促進のため、本カンファレンスを主催いたします。この機会に、アジアおよびヨーロッパの著名な講演者がその見識と専門知識を交換し、充実した議論を行う予定です。


プログラム

会場:「麗」の間
09:00 参加者登録受付

09:30 開会挨拶

  • Paul LINNARZ, Regional Representative for Economic Policy, Konrad-Adenauer-Stiftung (Tokyo office)
  • Friederike BOSSE, General Secretary, Japanese-German Center Berlin (JDZB)


09:45 開会スピーチ

  • Monika SOMMER, Counsellor (Labour and Social Affairs), German Embassy Tokyo


10:00 基調講演 1

  • Akiko Taguchi, Director for Japan, International Labour Organization

10:15 基調講演 2

  • Roberta CLARKE, Regional Director for Asia and the Pacific, United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women


10:30 休憩

11:00 第1部:「女性との対話のためのG7フォーラム」は2015年9月、女性による経済や市民社会、政党への参加および指導性が増大している国は、よりインクルーシブ(包摂的)かつ民主的であるとの結論に至った。よって第1部では、国際的なプラットフォームや機関、その他の組織が女性の経済的エンパワーメントの強化実現にどのように寄与できるかを分析する。

  • Birgit GRUNDMANN, Former State Secretary, Ministry of Justice (Germany)
  • Mikiko OTANI, Member of the Grounding the Global – International Mechanisms Programme and former member of the Regional Council and Programme and Management Committee of the Asia Pacific Forum on Women, Law and Development APWLD (Japan)
  • Paolo FRANCISCO, Executive Director, AIM RSN Policy Center for Competitiveness (Philippines)
  • Meijun QIAN, Associate Professor, College of Business and Economics, Australian National University
    • 質疑応答 司会: Ji-Hyun KIM, Tokyo Correspondent, The Korea Herald



12:30 休憩(コーヒー、紅茶を用意)

14:00 第2部:第1部の内容を土台として、第2部では官民セクターにおける女性の役割強化をめぐる主要な課題と条件を明らかにする。持続性のあるジェンダーの平等に欠かせない前提条件とはどのようなものか。ジェンダーによる差別や女性に対する暴力を効果的かつ効率的に撲滅するにはどうすればよいか。ここでは教育を受けることの重要性、経済的自律性、仕事と家庭とプライベートのバランス、その他の要素について徹底的に検証する。

  • Minh Ha HUYNH, Deputy Director, Business Information Center, Vietnam Chamber of Commerce and Industry (Vietnam)
  • Keiko HIRAO, Professor, Sophia University Graduate School of Global Environmental Studies (Japan)
  • Sun-Mi KANG, Director, Harang Gender Training Center (Korea)
  • Natsuko HAGIWARA, Professor, Graduate School of Social Design Studies, College of Sociology, Rikkyo University (Japan)
  • Gesine FOLJANTY-JOST, Director, Institute of Political Science and Japanese Studies, Martin-Luther University Halle-Wittenberg (Germany)
    • 質疑応答 司会: Ji-Hyun KIM, Tokyo Correspondent, The Korea Herald



15:40 休憩

16:00 第3部:第3部では、指導的地位にある女性に対する地域的な視点および政治・経済における女性のエンパワーメントへのその影響に注目する。女性が指導的地位を担うにあたって何が法律的・社会文化的な障壁になるのか、また人口動態の変化などの社会的な転換は指導的地位に就く機会の広がりにどのように影響するのだろうか。

  • Veasna BUNCHHITH, Secretary General, Cambodian National Council for Women (Cambodia)
  • Ruhi AHMED, Head of CSR, BSRM Group (Bangladesh)
  • Yi-Chien CHEN, Board Member, Awakening Foundation & Associate Professor, Graduate Institute for Gender Studies, Shih Hsin University (Taiwan)
  • Luzviminda A. VILLANUEVA, Project Manager (Rank of Deputy Director), GREAT Women Project-2, Philippine Commission on Women (Philippines)
  • Michiko ACHILLES, Vice President, Head of Human Resources, SAP Japan / Director & Vice Chair of the Board, NPO GEWEL (Japan)
    • 質疑応答 司会: Ji-Hyun KIM, Tokyo Correspondent, The Korea Herald



17:40 閉会挨拶

  • Paul LINNARZ, Regional Representative for Economic Policy, Konrad-Adenauer-Stiftung (Tokyo office)



言語 英語、日本語(同時通訳付き)

Registration 参加ご希望の方は、2016年4月15日(金)までに、本メールにご返信いただくか、件名を「4月18日経済成長と女性の役割」とし、参加される方の①お名前(ふりがな)、②ご所属、③懇親会参加の有無を明記の上、Email:KAS-Tokyo@kas.deまでお申し込み下さい。尚、お申し込みは、先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。また、お申込みに対する返信が送信日より1週間以内にない場合は、恐れ入りますが、再度ご連絡いただきますようお願い致します。 (当日は、お名刺をフォーラム会場/懇親会会場受付へお持ち下さいますようお願い致します。)

問い合わせ先

Akim Enomoto

アソシエートリサーチヤー


パートナー

Japanese-German Center Berlin