イベント

Derzeit sind keine Veranstaltungen geplant.

Online-Seminar

日本の女性

ドイツに学ぶ女性活躍推進

世界的に男女共同参画の動きが活発化するなか、日本のジェンダー事情は国内外で注目されています。 この度、KAS日本事務所 は「Women in Japan」と題した一連のイベントやウェビナーを開催し、現在の日本のジェンダー状況の動向を探ります。シリーズ第3回目となる今回のウェビナーは、Women in Japan: Breakthroughs in Female Business Leadership (ドイツに学ぶ女性活躍推進)と題して、 第一回で扱った政治・ビジネス・社会の3分野のうち、近年関心を得ているビジネス分野を取り上げます。ビジネス分野における女性の活躍を推進しているドイツがどのように状況の改善に取り組んで成果を上げているかを学び、日本の現状と比較することで日本にとって現実的な「次の一歩」を学ぶことを目指します。

Online-Seminar

日本の女性

新しい社会像を求めて

世界的に男女共同参画の動きが活発化するなか、日本のジェンダー事情は国内外で注目されています。 この度、KAS日本事務所 は「Women in Japan」と題した一連のイベントやウェビナーを開催し、現在の日本のジェンダー状況の動向を探ります。シリーズ第2回目となる今回のウェビナーは、Women in Japan: Updating Gender Roles in Society (新しい社会像を求めて)と題して、 前回扱った政治・経済・社会の3分野のうち、日本のジェンダー問題の根源に触れるためにまず社会分野を取り上げます。ジェンダー分野で成功しているノルウェーを中心に北欧諸国がどのようにして現在のジェンダー状況を実現したかを学び、日本の現状と比較することで、日本社会のジェンダー状況を変えるための政策提言を行います。

討論会

KAS日独経済政策対話

コロナ禍の長期化を踏まえた経済政策: 日本とドイツ/EUによる戦略を巡る比較的視点

新型コロナウイルス感染症(コロナ)の流行の終わりが見えない今、コロナ「後」の生活からコロナ「と共に」生きるという発想の転換が求められています。 KAS日独経済政策対話のシリーズ第1回目となる「コロナ禍の長期化を踏まえた経済政策:日本とドイツ/EUによる戦略を巡る比較的視点」では、このコロナと共に生きる「ニューノーマル」をビジネスの観点から検討します。

Online-Seminar

Path to Digitalisation for WSMEs- Policy Breakthroughs from Vietnam, South Korea and Singapore

Webinar

専門会議

Universe to Equiverse- Start the Ripple

International Leadership Conference

The conference, 'Universe to Equiverse: Start the Ripple', organised with TalentNomics, endeavours to provide a platform for leaders across sectors and regions, engaged in empowering women to come and share their journeys and insights. We hope to build bridges between such leaders to increase the momentum of change. At the conference, we will also recognize some of those leaders who have created significant ripples in the area of gender equity.

Online-Seminar

日本の女性:現在の役割と期待

ウェビナー

世界的に男女共同参画の動きが活発化するなか、日本のジェンダー事情は国内外で注目されています。 この度、KAS日本事務所 は「Women in Japan」と題した一連のイベントやウェビナーを開催し、現在の日本のジェンダー状況の動向を探ります。シリーズ第1回目となる今回のウェビナーは、Women in Japan: Current Roles and Expectations (日本の女性:現在の役割と期待)と題して、政治、経済、社会の3つの分野の専門家をお招きし、日本のジェンダー現状の概要を把握することを目的としております。

Online-Seminar

Labour Mobility and Global Health Governance in Asia

Online Conference

KAS Japan is organising an online conference in partnership with Leiden Asia Centre (LAC) and the IAFOR Research Centre (IRC). The conference aims to answer the main question: How has transnational migrant labour and global health governance in Asia developed amidst pandemics?

Online-Seminar

Managing Time, Cost and People to Embrace Technology in your Business

Webinar

KAS Japan is co-organising an online webinar in partnership with Woomentum. The webinar will cover valuable insights and lessons learnt from 140 women-led small and mid-sized enterprises (WSMEs) across 7 Asian countries and features a panel of successful entrepreneurs and digitalisation experts.

専門討論会

ドイツ連邦議会選挙後:

選挙結果の 評価と影響

ドイツ連邦議会選挙が迫る中、コンラート・アデナウアー・シュティフトゥング(KAS)日本事務所はドイツ選挙前後のより深い洞察と包括的な知識を提供するために、現役ドイツ国会議員を招いてディスカッション式ウェビナーを2回開催します。第二弾は ユルゲン・ハート議員がご参加されます。

Online-Seminar

Digitalization in Civil Law

Online symposium on the 160th anniversary of German-Japanese relations

ユニバースからエクイバースへ

波紋を起こそう

本報告書は、TalentNomics India とコンラート・アデナウアー・シュティフトゥングアジア経済政策プログラム(KAS-SOPAS)が共同で開催した国際リーダーシップ会議「ユニバースからエクイバースへ:波紋を起こそう(Universe to Equiverse: Start the Ripple)」から得られた主要な成果と提言をまとめたものである。本会議は2021年12月9日、10 日にオンラインで開催され、35 名超のグローバルリーダーがスピーカーやパネリストとして招かれ、参加者は800名を超えた。

日本の女性

新しい社会像を求めて

KAS日本事務所 は「日本の女性」と題した一連のイベントやウェビナーを開催し、現在の日本のジェンダー状況の動向を探ります。シリーズ第2回目は、「日本の女性:新しい社会像を求めて」と題して2022年4月4日開催されました。このウェビナーの目的は、ジェンダー分野で成功している北欧諸国(ノルウェー)がどのようにして現在のジェンダー状況を実現したかを学び、日本の現状と比較することで、日本社会のジェンダー状況を変えるための政策提言を行いました。

KAS日独経済政策対話

「コロナ禍の長期化を踏まえた経済政策:日本とドイツ/EUによる戦略を巡る比較的視点」

KAS日独経済政策対話は、経済政策に関するオープンな交流の場を提供することを目的としている。日本とドイツ・EUの政策立案者や経済団体の代表者など経済政策における重要な関係者を定期的に招き、両国経済における課題や展望について率直に話し合い、相互理解を深め、政策立案の質を高めるものである。 2月10日のイベントには登壇者として、ドイツと日本の二大経済団体であるドイツ産業連盟(BDI)と日本経済団体連合会(経団連)の代表者、欧州議会議員、日本の経済産業省の幹部が名を連ねた。登壇者は両国の課題や展望について率直に議論するとともに、両国およびそれぞれの政策立案への理解を深めることに貢献した。

WSMEのデジタル化への道

ベトナム、シンガポール、韓国における政策のブレークスルー

デジタル化が必須となっている今日のビジネス環境において、経営者はデジタルエコノミーの一翼を担うべく、関連性を維持するために備えられている必要があります。特に、女性が経営する中小企業(WSME)は、デジタル時代に繁栄することだけではなく、成長もしたいと考えています。しかし、WSMEの眠っている潜在能力を引き出すことができる包括的なデジタル化のアジェンダを設定するためには、政策立案者や民間のステークホルダーからの支援が必要です。そのような背景の中、WoomentumとLee Kuan Yew School of Public Policyの協力で開催されたウェビナー「WSMEのデジタル化への道-ベトナム、シンガポール、韓国における政策のブレークスルー」では、ベトナム、韓国、シンガポールの政策専門家たちが自国のデジタル化政策のブレークスルーと知識について共有し、さらにはWSMEのためのデジタル化への道作りに必要な次のステップについて議論しました。このウェビナーは2021年12月14日(火)17:00(日本時間)に開催されました。

日本の女性

現在の役割と期待

KAS日本事務所 は「日本の女性」と題した一連のイベントやウェビナーを開催し、現在の日本のジェンダー状況の動向を探ります。シリーズ第1回目は、「日本の女性:現在の役割と期待」と題して2021年12月3日開催されました。政治、経済、社会の3つの分野の専門家をお招きし、日本のジェンダー現状の概要を把握しました。

アジアにおける労働流動性とグローバル・ヘルス・ガバナンス

ウイルスによる感染症は過去にもアジア大陸に影響を及ぼしてきたが、新型コロナウイルス感染症(コロナ)のパンデミックは同地域に未曽有の影響をもたらしている。渡航やビジネス関係の混乱により、同地域におけるグローバル・ヘルス・ガバナンスと国際労働力移動の脆弱性が浮き彫りになった。世界的な保健機関としての世界保健機関(WHO)の役割に対する圧力が高まり、国際公衆衛生が世界の大国間の激しい論争の場となる中、アジア地域にはパンデミックにおける明確かつ効果的なリーダーシップが存在しなかった。その結果、人々の健康安全保障が移民労働者への依存度が高い地域において国境を越えた問題となっているにもかかわらず、アジア各国はそれぞれ異なる形でコロナに対処してきた。現在の政策はこの規模のパンデミックを想定して策定されていないため、その欠陥が明らかになりつつある。

デジタル化

ビジネスにテクノロジーを導入するための時間・コスト・人事管理

パンデミック以後の世界において、ビジネスにおけるデジタル化は不可欠なものとなった。中小企業(SME)にとって、日々の業務に加え、入手可能な数多くのデジタル・ツールを試し、操作することは途方もない作業となり得る。ウェビナー「ビジネスにテクノロジーを導入するための時間・コスト・人事管理」では、アジア7カ国・140社の女性経営中小企業(WSME)から得られた貴重な知見や教訓を取り上げるとともに、成功した起業家やデジタル化の専門家によるパネルディスカッションを実施した。ウェビナーは2021年10月28日(木)17:00 – 18:30(日本時間)に開催され、英語、ベトナム語、ビルマ語への通訳が行われた。

ドイツ連邦議会選挙後

選挙結果の評価と影響

2021年ドイツ連邦議会選挙に関するユルゲン・ハートドイツ連邦議会議員との ディスカッション

デジタル・アジア

即応的な貿易政策の策定

アジアにおけるデジタル経済の急激な成長に伴い、多くの企業や消費者がオンラインに移行している。デジタルエコシステム、地域プラットフォーム、5G技術、デジタル金融サービスおよびデジタル決済は、アジアの「新世代の貿易協定」で主要な部分を占める重要なトレンドである。中でも、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定、デジタル経済パートナーシップ協定(DEPA)などの貿易協定は、上記のような重要な問題に取り組むための多国間枠組みを構築しようとしている。しかし、アジア各国政府はこのようなトレンドの管理・規制に依然として苦労しており、その結果、一貫性のないデータポリシー、デジタル課税、消費者保護ルールなど、論争の的となる問題がしばしば発生している。

ドイツ連邦議会選挙前:

これまでの分析と予想

2021年ドイツ連邦議会選挙に関するウルズラ・グローデン=クラニヒドイツ連邦議会議員との ディスカッション