国別リポート

台湾有事への考察 Opinion Piece

日本の事態認定とグレーゾーンを巡る議論を中心に

覇権を強める中国による台湾侵攻への危機感が、日米2プラス2、その後の日米首脳会談、日EU首脳協議、G7首脳会議に引き継がれた。日米首脳会談の共同声明で「台湾」が言及されるのは実に52年ぶり であった。その1969年当時、日米は台湾との国交を有し、今とは状況は大きく異なる。菅義偉総理大臣、ジョセフ・バイデン大統領による共同声明は「台湾海峡の平和と安定の重要性」 について強調しているが、仮に中国が台湾を侵攻した場合の日本の事態認定について整理し、グレーゾーン事態を巡る課題と各政党による議論を論じたい。
担当者

瀧口 直輝

Naoki Takiguchi

シニアプログラムマネージャー、日本プログラム

naoki.takiguchi@kas.de +81 3 6426 5061

このシリーズについて

コンラート・アデナウアー財団 は世界5大陸、70カ国に事務所を開設しています。地元の国外スタッフは、活動地域における最新の出来事や長期的な動向について、直接報告することができます。コンラート・アデナウアー財団のウェブサイトのユーザーの皆様に、「カントリーレポート」という形で、特別な分析、背景情報や評価、予測を提供しています。